慢性痛専門 ひろの整体院

広島市安佐南区祇園1-17-21-1

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-815-1039

慢性腰痛とポッコリお腹は股関節の動かし方が原因です。

腰痛とポッコリおなかの関係。それは股関節にあります。
慢性痛ひろの整体院 ヘルニアイメージ

こんにちは。慢性痛専門ひろの整体院の廣野です。

今日は、腰痛が長く続くと、同時にお腹が出てくるというお話をしていきます。

よろしくお願い致します。

 

さて、腰痛が長く続いている方は、お腹が出てきていわゆる「中年太り」のような状態になってきていると思います。

 

それは、実は股関節が原因となっています。

 

なぜ股関節が原因となっているのかと言うと、腰痛の方というのは、極力腰を使わない、もしくは腰を動かさないようにして日々の生活を送っています。

 

その結果、例えば、下にある荷物を取る時にしゃがまなくなったり、膝を伸ばしたままなるべく手を伸ばして上半身だけで行動しようとしてしまいます。

 

その結果、腰を動かさないことで、腰を守るための筋肉である、股関節の筋肉を使わなくなります。

 

股関節の筋肉というのは、みなさんご存じないかもしれませんが、お腹の中からついているのです。

 

そのお腹の中からついている股関節の筋肉を使わないということは、同時に、お腹周りの筋肉を使わないということになります。

 

その結果、長く股関節の筋肉を使わないことによって、どんどんお腹周りに脂肪がつきやすくなってきます。

 

そして、腰痛がある方でよくいらっしゃるのが、お腹が前にぽっこり出ている方と、もう一つの特徴として、お相撲さんのようにのしのし歩く方がいらっしゃいます。

 

それは何故かというと、股関節の筋肉を使わずに歩いているからなのです。

腰痛を治していく時に、同時にやらなければいけないのが、股関節に目を向けていかなければならないということがわかりますね。

 

そして、股関節の筋肉を使わずに歩いているということは、歩く歩幅は狭く、歩くスピードが完全に落ちてしまっているという事に繋がります。

 

歩幅と歩速、この二つに目を向けることによって股関節をしっかりと使うことができます。

 

その結果、前に出たぽっこりお腹もしっかりと引き締めることができます。

 

ダイエットや体を引き締めたいという方はまず、しっかり歩くことに注目をしていて下さい。

この股関節を使う行動によって、腰痛も治っていきます。

 

腰痛を治すために、腰ばかり揉んだり、腰の部分だけに注目していくということはせず、まずはしっかり歩くことに注目していきましょう!

 

今回のブログはこれでおしまいになります。ありがとうございました。

当院についてさらに見る

営業時間

慢性痛専門 ひろの整体院は「予約優先」です。
時間 祝日
09:00〜21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

アクセス

店舗名
慢性痛専門 ひろの整体院
代表
廣野 洋平
住所
〒731-0138  広島市安佐南区祇園1-17-21-1
電話・FAX番号

TEL:082-815-1039

アクセス
JR可部線下祇園駅から徒歩3分
下祇園バス停すぐ近く
山陽道広島ICから車で15分
アクセスマップ

PAGE TOP