慢性痛専門 ひろの整体院

広島市安佐南区祇園1-17-21-1

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-815-1039

膝の痛み・変形性膝関節症

膝の痛みがなかなか治らない方へ

膝の悩みはどちらですか?
  • 整形外科でヒアルロン酸を何回か膝に注射してるが、良くなってない
  • 痛み止めを飲んでも湿布を貼っても、膝の痛みに変化はない
  • 膝の裏が痛くて正座ができない
  • 膝の内側が腫れてて、しゃがめない
  • 膝に水が溜まってぱんぱんに腫れている
  • 変形性膝関節症と診断された
  • 膝の痛みで迷惑をかけたくないから、温泉旅行や買い物に行けない
  • 飲み薬や座薬を使わないと、膝が痛くて眠れない

慢性的な膝の痛みが良くならないのはなぜ?

ひろの整体院 膝のレントゲン

あなたは膝治療に対してこんな常識を信じていませんか?

☑膝の骨が変形すると痛くなる。
☑膝の軟骨がすり減ると痛くなる。
☑体重が重いから膝が痛くなる。
☑年をとったから膝の痛みは仕方がない。


これらは全部関係ありません。

 

特に骨や軟骨には、痛みを感じる神経が元々存在しません
しかし、ほとんどの医療機関がこの原理を無視し、患者様を置いてきぼりにした
治療を行っています。

だからどれだけ治療を受けてもまったく治らないのが当たり前になってしまっています。

本当は間違いだらけの「膝の痛み治療」

ひろの整体院 膝の痛みのイメージ

あなたは今、膝の痛みでどんな症状がありますか?教えてください。

 

☑階段の下りが特に辛い。
☑膝が痛くて正座ができなくなった。
☑いすから立ち上がる瞬間が特に痛い。
☑しゃがむことが出来なくなった。
☑坂道の下り坂が特に辛い。

これらの症状に対して整形外科などで今まで取り組まれたことは、
湿布、痛み止め薬、ヒアルロン酸注射、電気治療、マッサージ、筋力トレーニング
ストレッチ、コンドロイチン、グルコサミン、関節内の水を抜く(膝の水を抜く)ど。

しかし、

治りませんでしたよね!

それは、膝が痛くなった原因を無視して対処療法ばかりした結果です。

痛みをとる!という結果にだけアプローチしてはいけない!

 

あなたは他院で治療を受ける時、膝の痛みの原因説明はこんな感じでしたか?

  • 膝の痛みは体重が原因
  • 膝の痛みは筋力不足が原因
  • 膝の痛みは加齢が原因

これらはすべて間違っています!

 

いえ確かに体重は軽くて、筋力もあるほうがいい、年齢も若ければ…

しかし、膝の痛みに対して直接影響はないのです

仮に、これらが正しいのなら…

●重たい体が原因なら、なぜ痩せている人にも膝痛があるのか?

●筋力不足が原因なら、なぜ運動選手に膝痛があるのか?

●年をとったのが原因なら、なぜほかの高齢者に膝痛がないのか?


これらの矛盾についてあなたはどう思いますか?

そうです。あなたが受けてきた膝の痛みの原因説明には根拠が無かったのです。

 

膝痛患者の多くの方が受けているヒアルロン酸注射は

アメリカではヒアルロン酸の関節内注射は推奨していません。
ヒアルロン酸注射が効果がないと言っているのです。

楽になったけど…と感じているのは「プラシーボ効果」です。
※注射をしてもらったから治るはず! という思い込みの効果と言われています。

 

では、これらが膝痛の原因ではないとしたら何が本当の原因なのでしょうか?

膝の痛みと変形性膝関節症の本当の原因とは?

慢性痛専門ひろの整体院 運動イメージ

当院では、膝痛の原因は骨や軟骨ではなく全く違うところにあると考えています。

それは、どこかと言いますと「※筋肉」です。(※筋膜・靭帯・滑膜・関節包も含む)

しかし、大半の医療機関では筋肉を鍛えようとする発想はあっても筋肉そのものをケアする発想はありません。
ここが、膝痛治療最大の問題点です。

本当は、筋肉が最重要治療ポイントなのです。ちなみに、筋肉の手当てとは筋トレをすることではありませんのでご注意ください。

膝痛治療の最終手段に「人工膝関節手術」があります。

この人工膝関節手術を受けた患者さん達は今まで治療を受けていなかったのでしょうか?

ほとんどの人が「いいえ」です。

治療を受けていたにもかかわらず本当の原因は放置されていたので結果的に病状が進んでしまった人が大半です。

そして、人工膝関節手術を受けることになったのではないでしょうか?

ある患者さんは、レントゲンに異常がなかったので更に詳しくMRI検査をしました。
「MRIに異常は見当たりません。」
「痛み止めの薬とシップを出しておきますから様子を見てください。」
「なるべく膝を動かさないように安静にしていてください」
「えっ?これで終わり?」
「画像に異常がないのに痛みがあるのは?」
「安静にしてても良くならなかったのに…」
その後当院で痛みが回復しました。が…

 

上記のように常識的な治療に違和感を感じたことがある方は

膝痛を治すために正しい行動をすることが大切です。

膝の曲げ伸ばしが難しくなる理由を説明します。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

膝の痛みを治すためのチェックポイント

慢性痛専門ひろの整体院 院長イメージ

膝関節のまわりを触り、膝の筋肉のこりがどの程度悪化した状態か調べます。

膝こりがあると触診時に痛みを感じやすいです。
正常な膝に筋肉の問題である膝こりはありません

伸展制限(膝がどこまで伸びるか)の確認

膝痛や変形性膝関節症の患者さんは膝が伸びきらないことほとんどです。
この伸展制限がどの程度なのか調べておきます。

屈曲制限(膝がどこまで曲げれるか)の確認

膝どのくらい曲げれるかチェックします。
・正座ができるのがベストです。
・うつ伏せで膝を曲げ、かかととお尻が楽につけばベストです。

正座が不可であれば屈曲制限があります。

・膝のお皿を動かせるか触診でチェックします。


O脚X脚(自然体での)の確認

「立った」状態で確認します。

隙間があるかを見ることでO脚X脚の状態をみます。

歩き方や動き方の確認

・歩き方で膝に負担を掛けていないか調べます。

・動き方(例えばしゃがむなど)で膝に負担がかかってないか調べます。

 

 

以上のポイントを調べることで膝関節の負担のレベルがわかります。
(チェックポイント多いほど膝の負担は強いです)

膝痛の治療は必ずこれらをもとにおこないます。

ひろの整体院であなたの膝をもう一度見直しましょう

  • かばって歩くと股関節と膝がもっと悪くなる事を教えてくれました。

    70代 男性 山本様

    カテゴリ:

    ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

    お客様からのメッセージ

    整形外科で電気や痛み止めを飲み続けても悪くなるばかりでした。

    ひろの先生は「なぜ治らないのか?」「どうやって治すのか?」を丁寧に教えてくれて直ぐに結果を出してくれました。

    膝の痛みはもう全然怖くないです。

    先生、感謝してますよ。

    ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

  • 【変形性膝関節症】でしたが、痛み改善に人工関節は必要ありませんでした。

    60代 女性 M様

    カテゴリ:

    変形性膝関節症の体験談

    慢性痛専門 ひろの整体院スタッフからのコメント

    整形外

    お客様からのメッセージ

    最初は膝の痛みも少ししか痛くなかったのに、放っといたら痛みが酷くなり、以前のようにしゃがめなくなりました。
    歩くのも痛みが強くなってきて、なんだか生活をするのが辛くなってきていました。

    とにかく早く治したくて、色んな整形外科や治療院に行きましたが全然痛みが取れませんでした。

    「年のせい」だからしょうがないかな…と諦めていたところで、腰の痛みで通っていた家族から
    ひろの整体院を紹介してもらいました。

    最初は「あれだけ色んな治療をしたのに整体なんかで良くなるわけがない!」
    と内心思ってました。

    しかし先生は膝がなぜここまで悪くなったか?どうすれば元のような生活ができるのか?

    日常生活のアドバイスや分かりやすい簡単な説明と、すぐにマネしやすい体の使い方や歩き方を伝授してくれました。

    最初のうちは少しずつの変化でしたが、徐々にあんなに痛かった膝も気にすることなく正座もできるようになったんですよ!

    老化のせいや、軟骨のせいと勘違いして諦めている膝の悪い方はぜひ!ひろの先生に見てもらうことを
    おススメします。

    ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

  • 【変形性膝関節症】の膝の痛みで仕事を辞めました。 もっと早くひろの先生に出会えていたら辞めずに済んだのに。

    60代 女性 匿名希望様

    カテゴリ:

    変形性膝関節症の体験談

    お客様からのメッセージ

    ひろの先生のおかげで今も歩いたりできてます。

    整形で手術しかないと言われた時の絶望感は忘れませんが、今は膝の痛みや動かしづらさもなく生活を楽しんでます。

    変形性膝関節症って言われたらひろの整体院さんに聞いてください。

    間違いなく助けてくれるはずです。

    ※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

当院はあらゆる専門家から推薦を頂いております
  • ひろの整体院 推薦者の写真

    足元の健康・山岡靴店 山岡聖様

    広島で腰・膝・股関節治療はひろの先生を強く推薦します!

    山岡聖様

    私は健康になる靴を提案し制作しています。

    常にその場しのぎの「靴」を作らない事が私の信念ですが、ひろの先生は私の信念と共通しています。

    痛みが無ければなんでもいい!では無く患者さん1人ひとりの人生が長く健康的に続けれる様に提案し治療される方です。

    同い年で、お互いに切磋琢磨しその道の専門家となりましたが「もっと良くしてあげたい」と勉学に励むひろの先生を尊敬しております。

    特に膝関節と股関節の改善方法にはは目を見張るものがあります!

    膝や股関節の問題で「歩けなくなった」とお悩みの方は廣野先生に頼んでください。
  • ひろの整体院 推薦者の写真

    岡山県の大手治療院グループ代表 目黒大輔様

    手術を模索して悩んでいる方はひろの先生へ

    目黒大輔様

    膝の痛みや股関節の痛み、腰の痛みで病院では手術しかないと言われた方や、骨が変形してしまっているから仕方ないとあきらめている方へひろの先生の治療をおすすめします。

    ひろの先生の治療は、変形してしまった膝や腰の骨を治すのではなく、実際に困っている痛みや、動きを根本的に改善してくれます。病院では骨の変形が痛みや動きの悪さの原因と説明され、結局治すには手術しかないと言われた方がひろの先生の治療で皆さん良くなってます。
    痛みの原因は骨の変形ではないと結果で証明しています。
    とても気さくな先生なのでお気軽に相談してみてくださいね。
    あなたの人生を助けてくれますので。
ひろの整体院院長イメージ

人工関節手術を受けた人は、治療を真面目に行っていたにもかかわらず、どんどん悪くなった方です。

それは、こんなに頑張って治療に通っても「自分のせい」で治らないと感じさせられた結果です。

もし、あなたが今現在の治療に満足できていない他に良い方法がないかとお探しなら、

「もっと早く来ていれば。。」「もっと早く知っておけば。。」

慢性膝痛の悩みを解決してきた当院にお任せください。

 

膝の治療にはゴールがあります。それを確かめに来てください。

一緒に頑張りましょう!

膝の痛み改善の正しい考え方です

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

当院で来院時に良くある質問をお答えします‼

Q シップはどのような時に使ったらいいですか?

シップは炎症を抑えることが目的です。

捻挫や打撲などの炎症が伴う痛みに有効です。

慢性痛の場合は、炎症を伴うことがほとんどありませんので有効度は期待できません。

慢性痛ひろの整体院 湿布イメージ

Q 私の痛みは冷やした方がいいですか?それとも温めた方がいいですか?

痛みの原則として、炎症を伴う急性痛は冷やし炎症を伴わない慢性痛は温める方が良いです。

(例:打撲、捻挫は冷やす。腰痛、関節痛は温める。)
※冷やすことが必要な場合でも、長く冷やし続けるのは治癒に反しますので
急性期(1~2日ほど)のみと覚えておいてください。

慢性痛ひろの整体院 お風呂イメージ

Q 骨や軟骨にいいとされるサプリメントは痛みに効きますか?

結論、効果は確認されておりません。
骨や軟骨が不足しているからそれを補いましょうという考え方は悪くありません。
しかし、口から摂取されたからといって、悪い箇所にすぐさま吸収されることはありません。
痛みの原因が筋肉だとして、瞬間的にお肉をモリモリ食べるだけで痛みは消えません。
骨や軟骨をサプリメントで補おうという考え方はこれと同じになります。

栄養も痛み治療のひとつですが「瞬間的な効果」を期待するのをやめましょう。

 

慢性痛ひろの整体院 サプリメントイメージ

Q 運動はしたほうがいいですか?

もちろん運動はした方が良いです。
しかし、慢性的な痛みの問題がある筋肉は、かえって悪化することが多いです。
運動は筋肉の状態に応じて行う必要がありますので相談しながら進めていきましょう。
筋トレは避けていただく場合もありますが、
生活動作はは動けないほどの痛みがない限り減らす必要はありません。

 

慢性痛ひろの整体院 運動イメージ

Q 今現在、痛いところが増えていくのですが…。

慢性痛を抱えている患者さんは、一ヶ所のみではなく数か所の痛みを並行して抱えている場合が多いです。
そして、一番の問題点が改善後、二番目の問題点が浮上してくる場合があります。
これは、悪化や痛みが増えたわけではなく、一番悪いところを優先して痛みを感じるように出来ています。
痛みを同時に感じさせないところが人間の体のすごいところでもあるのです。

 

慢性痛専門ひろの整体院 痛みイメージ

Q 良くなっても痛みは再発はするのですか?

慢性痛というのは生活習慣の中に原因が潜んでいますので、
施術に改善しても、以前と全く同じ生活スタイルに戻れば再発の可能性は高くなります。
当院では慢性痛のこうした特性から、再発予防としてセルフケアや定期的なメンテナンスを勧めています。
慢性痛は、痛みが無くなったらおしまいではなく、あなた自身が生活スタイルを見つめ直す機会となります。
そのために当院はあなたの「痛みの原因」をとことん追求いたします。

 

慢性痛専門ひろの整体院 院長イメージ
慢性痛専門 ひろの整体院

ネット・電話予約限定

通常 7,700円が
初回限定

3,500

※毎月新規様/20名限定です。
※ご予約時にキャンペーンはありますか?とお尋ねください。
※2回目からの料金は料金ページでご確認ください

当院についてさらに見る

営業時間

慢性痛専門 ひろの整体院は「予約優先」です。
時間 祝日
09:00〜21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

アクセス

店舗名
慢性痛専門 ひろの整体院
代表
廣野 洋平
住所
〒731-0138  広島市安佐南区祇園1-17-21-1
電話・FAX番号

TEL:082-815-1039

アクセス
JR可部線下祇園駅から徒歩3分
下祇園バス停すぐ近く
山陽道広島ICから車で15分
アクセスマップ

PAGE TOP