慢性痛専門 ひろの整体院

広島市安佐南区祇園1-17-21-1

営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

082-815-1039

【外反母趾】は本当に治るのか?

外反母趾を治す為の要素は一つだけではありません。

外反母趾についてです。ご覧ください。

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません

慢性痛専門ひろの整体院 外反母趾イメージ

【外反母趾】

こんな症状ではありませんか?

・膝の内側がずっと痛く治らない

・足の裏が少し歩くだけで痛くなる

・立ってるだけでフラつく

・足の親指の横がズキズキ痛い

・自分に合う靴が見つからない

・痩せているのに膝が変形している

・足の裏を人に見せれない

特徴的な症状は足の母指(親指・母趾)の先が人差し指(第2趾)のほうに「くの字」に曲がり、つけ根の関節の内側の突き出したところが痛みます。その突出部が靴に当たって炎症を起こして、ひどくなると靴を履いていなくても痛むようになります。

靴の歴史の長い欧米人に多い病気でしたが、最近は日本でも急速に増えています。

外反母趾の一番の原因は靴を履くことで、幅の狭いつま先が細くなった靴を履くと母指のつけ根から先が圧迫されて変形します。ヒールの高い靴はつけ根にかかる力が増えてさらに変形を強くします。

10歳代に起こるものは母指が人差し指より長かったり、生まれつき扁平足ぎみであったりする外反母趾になりやすい特徴があります。

最も多い中年期のものは履物に加えて、肥満と筋力低下などによっておこります。

健常な足には縦のアーチだけでなく横のアーチがあります。外反母趾ではこれらのアーチが崩れて扁平足になると、中ほどにある母指の中足骨が扇状に内側に開き、それから先の指は逆に靴で外側に圧迫されておこります。

 

外反母趾のになってしまった多くの人が「圧迫」されて痛みが出ないように歩き方を変えます。 中には歩かなくなったという方も多いですが、ごまかして使う事が原因で膝の痛みやふくらはぎの痛みなど、近い関節付近にも影響がら出てしまいます。

 

外反母趾になる原因は

①合わない靴(サンダルなども含む)

②痛みによって歩き方を誤魔化すようにした

③運動時に常に圧迫が母趾にかかる

 

ですのでを対策としては

①合う靴(自己主観では無く)

②歩き方を以前の様に戻す(痛みの有無は関係ない)

③運動時の靴の圧迫の状態を見直す

とシンプルです。

 

痛みの強い外反母趾の方は、生活上や運動上の動作が極端に変わっている可能性がありますので、まずは見極めが重要です。

 

広島県広島市安佐南区祇園1-17-21-1

慢性痛専門ひろの整体院

 

慢性痛専門ひろの整体院にて外反母趾・扁平足になる『あなただけの理由』を解決しましょう

当院についてさらに見る

営業時間

慢性痛専門 ひろの整体院は「予約優先」です。
時間 祝日
09:00〜21:00
営業時間:9:00〜21:00
定休日:不定休

アクセス

店舗名
慢性痛専門 ひろの整体院
代表
廣野 洋平
住所
〒731-0138  広島市安佐南区祇園1-17-21-1
電話・FAX番号

TEL:082-815-1039

アクセス
JR可部線下祇園駅から徒歩3分
下祇園バス停すぐ近く
山陽道広島ICから車で15分
アクセスマップ

PAGE TOP